岐阜新聞にて写真部連載中

天然鮎を食す

落ち鮎の瀬張り漁はあいにくの雨で見ることは出来ませんでしたが、鮎の種付けは先に獲っておいた鮎により卵子と精子の搾り取りからシュロの束に付けるのを見ることが出来ました。それを長良川河口堰の横にあるプールに持って行き孵化させます。今回は特別にそのプールまで見学が出来、めったに通れない河口堰の上を通るため参加者は気分上がり気味。漁場に戻り獲れたて天然鮎を塩焼きや味噌を付け食す、その美味しさにお腹も気分上々でした。 (平山 晃)

<詳細レポートは、おんぱく写真部ブログをご覧ください>
 ↓
おんぱく写真ブログ2013