岐阜新聞にて写真部連載中

美並の粥川地区は円空ゆかりの深い美しい山里。そんな地域で暮らすおばあちゃんの知恵を!と集まったのは二、三十代の女性達。
「栃の実は、茹でてから1週間干すと、薄皮が全部殻の方につくから、するっと剥けるんやよ」とか、地元人の私も知らない事が沢山。
粥川の森の散策や、石臼で挽いた米粉を使った「おわかし」など、自然の恵みを満喫。食卓を囲むと大家族のような気分になるから不思議。「いつでも遊びにおいで」の一言が嬉しかった。(上村彩果)

<詳細レポートは、おんぱく写真部ブログをご覧ください>
 ↓
おんぱく写真ブログ2013