岐阜新聞にて写真部連載中

名店・人情・純喫茶巡り

昭和の時代から営まれる純喫茶(アルコールを提供しない喫茶店)をめぐり、その店の特別メニューなどを案内して実際に味わってもらうツアー。参加者の会話には純喫茶トーク以外でてきません。
 レンガの内装、木製の机や椅子、サイフォン式珈琲、鉄板スパゲティなど、昭和の象徴が次々と現れます。
 主催のトキメキ純喫茶団の言葉「純喫茶とは純情な喫茶店」。意味はなかなか深そうです。
(澤田尚正)

<詳細レポートは、おんぱく写真部ブログをご覧ください>
 ↓
おんぱく写真ブログ2013