28

ついに最後の絶景猫道に到達!

(続)長良鵜飼屋猫道散歩

Display
Display
Display
長良川に育まれてきた長良・鵜飼屋地区。鵜匠の住む地域として、古くから旅館や漁師が川とともに生きてきた場所です。
そんな鵜飼屋地区にある、川へ抜ける細道を、猫の気分で散策します。途中、お菓子屋さんでの買い食い(料金に含む)や足湯(無料)、鵜匠さんの家などを訪ね歩きながら、人ひとりしか歩けないような道を探検。
川を見通して正面にそびえる金華山は特に美しい。岐阜で一番長良川を感じるエリアで、歴史の厚みを感じながら自分だけの絶景を見つけよう!
下記実施スケジュールからお好きな日程にご予約下さい 体験レポートを読む

案内人

Display
Display
【長良会】
長良・鵜飼屋エリアの旅館や商店、寺などの若手が集まり活動中。美しく危険な川に畏怖を抱きながら、それでも川を愛する、川とともに生きる住人たち。今回はその中から写真家の澤田尚正、陶芸家の交田紳二と建築家の門脇和正が長良・鵜飼屋の深みまでご案内します。
Display
.

集合場所

Display

長良陶房

〒502-0081

岐阜県岐阜市長良11-3

※最寄りバス停「長良川温泉(岐阜グランドホテル前)

申し込み・問い合わせ先

Display 門脇和正 090-2579-2994

実施スケジュール

Display

第1回

実施日時
2013/10/27(日) 13:00 〜 16:30
予約開始
2013/09/10 09:00
予約開始
2013/10/20 23:59
料金
1,500円
定員
10 / 10 人
(満員)
備考
※最少催行人数 8名
※歩きやすい格好でお越しください。
※ペットボトルのお茶をご用意します
※普段お使いのカメラをお持ちください(一眼、コンデジ、携帯でも)。

これまでの開催レポート

岐阜新聞にて写真部連載中

長良鵜飼屋、猫道散歩

長良川右岸の鵜飼屋地区には、鵜飼関係者が川に向かう専用の小道がある。主催の長良会が「猫道」と名付けたこの道は、参加者が「ここを通ってもいいの?」とつぶやくほど、狭く細く曲がりくねっている。旅館や鵜匠の家など、鵜飼屋地区独特の歴史的建物の間を抜けると、金華山の深緑と清流長良川が大きく広がる絶景に出会える。鵜飼屋地区の知られざる歴史や文化の解説と、大自然が混ざり合った最上級のまち歩きとなった。(澤田尚正)

おすすめプログラム

Display