31

衆のうたが生まれた里山をハイキング

イケメン放歌師とたどる里唄の世界

Display
Display
Display
Display
土地土地の暮らしの中で生まれてきた余りにも豊穣な「里唄」たち。これらを歌い継ぐ若き放歌師・井上博斗と共に洲原神社の河畔から、旧美濃街道の六角堂峠を越えるルートを歩きながら、その場所やその地域で生まれた唄をみんなで唄い歩きます。およそ2時間半の行程の中で、10曲ほどの里唄(祝い唄、作業唄、おどり唄、わらべうたなど)を唄います。
現地には駐車場もありますが、長良川鉄道を利用しての参加も便利です。帰りにみなみ子宝温泉に寄り道して、余韻を楽しむのもお勧めです。

下記実施スケジュールからお好きな日程にご予約下さい

案内人

Display
Display
【井上博斗】
1983年生まれ。幼少より香川の郷土芸能・獅子舞に親しむ。2006年、郡上八幡を拠点とする音楽家・桃山晴衣、土取利行両氏に出会い移住。音楽に対する姿勢を学ぶ。伝統を踏まえた創造をテーマに「郡上八幡音楽祭2013」をプロデュース。郡上の里唄、古謡、わらべうたを伝える会も活動の一つ。

集合場所

Display

美濃市 洲原神社駐車場

〒501-3706

岐阜県美濃市須原468-1-1

※解散地は長良川鉄道湯の洞温泉口駅です。駐車場までは列車で1駅です。(参加は長良川鉄道のダイヤに合わせていますのでご利用ください。)

申し込み・問い合わせ先

Display 長良川おんぱく事務局 058-269-3858

実施スケジュール

Display

第1回

実施日時
2013/10/27(日) 14:00 〜 16:30
予約開始
2013/09/10 09:00
予約開始
2013/10/24 23:59
料金
2,000円
定員
7 / 20 人
備考
※最少催行人数 10名
※歩きやすい靴と服装でお越しください(飲み物や食料が必要な場合は各自ご用意ください)。
※オプションとして、解散地点近くの『幸草紙工房』で、美濃和紙の便箋漉き体験も可能です(事前予約必要、おひとり1,000円)。

おすすめプログラム

Display