おんぱく写真部レポート

最近いいカメラを買ったけど、使いこなせない~
写真撮るのが好きだけど、もっと素敵な写真を撮れるようになりたい~

というカメラ女子が集まり、ピンホールカメラで撮影するモノクロ写真教室のプログラムが開催されました。

まずは、本日の案内人、おんぱくではお馴染み、フォトグラファー&広告クリエーターとして活躍する稲葉恒平さんから、カメラについての基礎知識をレクチャーしていただきました。

初心者カメラ女子には、露出って??f値って??な状態ですが、稲葉さんの分かりやすい説明で、写真の腕が上がりそうなわくわく感が高まります。

こちらが本日の相棒となる、ピンホールカメラです。なんと、全て稲葉さんの手づくりです!

カメラの原形であるピンホールカメラは、箱に針穴(=ピンホール)を開けてあるだけで、穴から通る光で中に設置した印画紙に画像を写すという単純な作りですが、意外にも最近のデジタルカメラと基本的な構造は変わらないとのこと。

箱の真ん中に小さな穴があるのが分かりますか?
これが"ピンホール"です。
ここにテープ等でふたをしておき、それをはがす(=シャッターを切る)と、穴から光が通るのです。

でも、光が通るだけで"写真"となるのが、なんとも不思議!

早速屋外に出て撮影会です。

被写体となるのはこちらの倉庫。
稲葉さんいわく、光を通している時間が長いので、柔らかいものより堅いものを写した方がきれいに写せるとのことです。

さて、どんな写真になるのでしょうか?

イマドキは、露出の計算もスマホアプリで手軽にできます☆

さぁ、スタジオに戻ったら現像です。
薬品を扱うため、化学実験のような格好をしています。
カメラの中から取り出した印画紙を現像液に入れると、じわ~っと画像が浮かび上がります。
初めての体験に思わず感嘆の声があがりました!

その後、停止液→定着液と順に入れたあと、水洗いします。

それを乾燥させると"ネガ"の状態となります。

ネガに印画紙を重ねて同じ作業を繰り返すと、やっと"写真"になりました。(冒頭の写真)
ここでも、現像液につける時間がほんの1~2秒違うだけで、写真の出来栄えが全然違うものになるため、時間を調整しながら何度もプリントしてみます。

なんてことのない日常の景色もピンホールカメラで撮影すると、とても柔らかくノスタルジックな雰囲気の素敵な写真になりました。
また、大変手間のかかる作業を経てできあがった1枚は、それだけでとても愛着のある写真で、大満足のプログラムでした。


(003Rika)

<[新聞版]おんぱく写真部リポートにも新聞未公開記事がございます。>
 ↓
おんぱく写真ブログ