94

金華山にかかる晩秋の名月を愛でる7日間

まちなかお月見アート

Display
10月17日は旧暦九月の十三夜にあたり、仲秋の名月に次ぐ美しいお月様が金華山上に現われます。
この十三夜を挟んだ14日から満月に至る7日間、町並みにススキを飾り、大仏殿でアート作品を展示。その作品制作となる揮毫パフォーマンスが公開されます。さらに、19日の夜にはスタンプラリーを開催。スタートは大仏殿で、ゴールの伊藤家ではぜんざいの振る舞いをお楽しみいただけます。満月に映える岐阜城を眺めながら、お月見の風情漂う井の口のまちを歩いてみてはいかがですか?
下記実施スケジュールからお好きな日程にご予約下さい 体験レポートを読む

案内人

Display
Missing
【井の口まちづくり会】
井の口まちづくり会は、今年で6年目を迎えるまちづくり団体です。岐阜城の旧城下町「井の口」地区を中心に、このまちを愛する地区内外の会員約180人以上が所属しており、歴史と文化の薫るこのまちの活性化と発展を目指して活動しています。

集合場所

Display

正法寺(ぎふ大仏殿)

〒500-8018

岐阜県岐阜市大仏町8

※最寄りバス停「大仏殿」

伊藤家(ふくろう絵工房)

〒500-8022
岐阜市下茶屋町36-1
最寄りバス停「岐阜公園歴史博物館前」

【開催日】10月14日(月・祝)~10月20日(日)

参加費:無料

10月14日(月・祝)
14:30~揮毫パフォーマンス(岐阜女子大学書道部)
※作品は20日まで展示されます(ぎふ大仏殿東側)

10/19(土)
16:00~スタンプラリー (定員 120名)
(雨天は振る舞いのみ)

申し込み・問い合わせ先

Display お申し込み不要

これまでの開催レポート

岐阜新聞にて写真部連載中

金華山の麓(ふもと)、岐阜城の旧城下町・井の口地区に残る古い町並みに、地区の皆さんの手によってススキが飾られた7日間。初日に岐阜女子大学書道部の皆さんが岐阜大仏正法寺で制作した大きな揮毫(きごう)作品が大仏殿に展示され、道行く人の目を奪った。この辺りからは、金華山にかかるように現れる、美しい晩秋の名月が見える。風情ある町並みを満月とアートを眺めながらスタンプラリーで散策し、ここでしか味わえない「秋」を満喫した。
(山吉りか)

おすすめプログラム

Display