おんぱく写真部レポート

一枚一枚が愛おしくなる、手仕事でつくる名刺

長良川おんぱくの人気プログラム、活版印刷のワークショップ。
3年目の今年は、開催日によって名刺、便箋、年賀状の3つの体験ができます。

今回は名刺の回。
まずは挨拶から始まります。
この日は参加者全員が年代の近い女性。早くも和気あいあいとした雰囲気です。

ORGAN活版印刷室のワークショップの特徴のひとつは、長良川上流で生産される、美濃和紙を使うこと。
見ただけでもわくわくします。

活版印刷について、美濃和紙について、そしてORGAN活版印刷室についてのお話の後、
名刺作りが始まります。
始めにデザインを練ります。
みなさん真剣…

デザインが決まったら、活字を拾います。
ともすれば気が遠くなるような数の活字の中から、お目当ての文字(しかも当たり前ですが反転している)を見つけるのは至難の業。

なかなか文字が見つからず苦戦する人も…

文字が拾えたら今度は文字組をつくっていきます。

みなさん夢中になって楽しい!を連呼されておりました。。

ORGAN活版印刷室の直野さん。
組み上がった文字(組版)を印刷できるように準備・サポート。

さあ 
いざ印刷!

出番を待つ印刷機、ADANAちゃん。

どんなに確認してみても、
そこは手作業ならでは、刷ってみないとわかりません。

文字が違っていたり、はたまた回転していたり…
でもそれもまた楽しかったり。

刷り上がりを確認するまでドキドキです。

完成品に思わずにっこり。

最後はまったりおやつタイム。
本日のおやつは近所のカフェ・空穂屋さんの焼きドーナツ。
完成品を眺めながらのおやつは、おいしさも倍増です。

みなさん凝ったデザインで、アイディアから、印刷までしっかり活版印刷を堪能していかれました。
年賀状もつくりたい!との声続々。

ゆったりした時間の流れる町家で、ひと味違う自分だけの手作り名刺をつくる。
秋の過ごし方にぴったりのプログラムです。


(013 やまだ)