おんぱく写真部レポート

心温まる佇まいのあるフォルム、
ロシアの「マトリョーシカ」人形の絵付け体験講座が、
長良川うかいミュージアムの四阿(あずまや)で開かれました。

主催者の、
雑貨屋・flamant店主の高橋純子さんは
「皆さん各々の思い入れで、
想像もしない愛着ある顔が出来上がります」と話されます。


参加者は、
入れ子式の5体の「マトリョーシカ」へ丁寧に筆を入れ始めます。

画家・高橋ユタカさんが手取り描き方のコツなど教えてくれます。

高橋ユタカさんは、
「自分の思いで自由に描いてください。
平面ではなく曲面に描くのが少しコツが要るかも」と話されます。

楽しく、集中して、あっという間に時間が過ぎ去ります。

ワイワイと楽しく、そして真剣に、
少しずつ暖かな表情のキャラクターが出来上がっていきます。

皆さん、描き続けて3時間ほど経ちました。
個性溢れるマトリョーシカが出来上がってきました。

金華山をバックに、
最後に参加者皆さんで集合写真。


温かみのある、何か懐かしい、
そんなマトリョーシカです。
参加者それぞれ思い思いのキャラクターが
完成されていく時間は、とても穏やかでした。

(010:交田)

<岐阜新聞連載のおんぱく写真部リポートにも掲載されました>
 ↓
おんぱく写真ブログ