おんぱく写真部レポート

岐阜出身のアーティスト日比野克彦さんが案内する「長良川アート散策」に同行してきました。

まずは忠節橋で集合。
集合場所からなんだかマニアックです。
今回の参加者の皆さんは岐阜県外の方が多くいらしていました。

普段は車で通過しがちな橋からの長良川の眺めもきれいです。

まずは川沿いを歩きます。
鋪装された道はなく、草むらをかき分け、かき分け、、、
まるで探検隊です。

今回参加者の皆さんにはノートとペンが配られました。
日比野さんのお話をメモをとりながら熱心に聞いています。

途中鮎の漁師さんにお話を聞きました。
「今日は全く捕れない…」と言っていましたが、網をなげるデモをしてくれると、、
なんと1匹かかりました!奇跡!

河原に到着して、日比野さんからお題が出され、
皆さん真剣に石を探しています。

皆さん拾った石を披露。

そしてまだまだ歩きます。
この日は天気がとてもよく、歩くと汗ばむほど。

そろそろおなかすいたな。。

いよいよお待ちかねお昼ご飯!
老舗の「徳廣」にて素敵なお弁当!

「徳廣」のご主人のお話も伺いました。

特別に調理場も見学。
とても合理的にできたつくりでした。

午後からは岐阜の老舗のお店へ。
まずは浅野商店。

ここでは実際に提灯の作成に挑戦。
見るのとやるのでは大違い。皆さんグループに分かれてそれぞれの行程を体験しました。

皆さん真剣です。

もちろん日比野さんも挑戦。

次は家田紙工へ。
ここでは和紙のモビールを作成。

最後は岐阜大仏へ。
そこで浅野商店でいただいた提灯に参加者のみなさんが見守る中、
日比野さんが筆入れ!

気づけば夕方。。。

まる1日のプログラムでしたが、
岐阜の新しいもの、古いものが混在した文化を知る上で
たいへん充実したプログラムだったと思います。

(006:miki)

<[新聞版]おんぱく写真部リポートにも新聞未公開記事がございます。>
 ↓
おんぱく2013写真ブログ