85

あなただけのカワイイ金華山!

どんぐりで作る手のひら金華山盆栽

Display
今、盆栽がブーム!
盆栽とは、美しい自然の風景を植木鉢の中に切り取って創りだす、創作芸術のこと。このプログラムでは金華山のドングリを使い、手のひらに乗るほどの小さな盆栽を作ります。ミニ盆栽の仕立て方と、日常の管理の仕方を学び、さらにもう一鉢、昨年のドングリから育てた苗を用意しますので、それを使ってすぐに飾れる、可愛いミニ盆栽を仕立てましょう。
ミニ盆栽のビフォアアフターを体験できる、とってもお得なプログラムです。

下記実施スケジュールからお好きな日程にご予約下さい 体験レポートを読む

案内人

Display
Display
【宮部賢二】
金華山をテーマとしたフリーペーパー『金華山だより』の発行人。岐阜市の観光資源として長良川と対になっている金華山に注目し、金華山の魅力を発信し続ける。趣味がミニ盆栽づくりで、山採りができない金華山のミニ盆栽を作りたくて、金華山で拾ったドングリから仕立てた手のひら金華山盆栽を仕立て中。

集合場所

Display

岐阜公園ロープウェー乗り場前

〒500-8004

岐阜県岐阜市千畳敷257

※最寄りバス停「岐阜公園歴史博物館前」

申し込み・問い合わせ先

Display 宮部賢二 058-374-0181

実施スケジュール

Display

第1回

実施日時
2013/11/02(土) 13:00 〜 16:00
予約開始
2013/09/10 09:00
予約終了
2013/10/26 23:59
料金
3,500円
定員
10 / 10 人
(満員)
備考
※最少催行人数 5名
※土を扱うので多少汚れてもいい服装でお願いします。

これまでの開催レポート

おんぱく写真部レポート

金華山のどんぐりを使って🎶

 秋の金華山。顔を上げると、色づいた葉が美しく見えます。そして、足元を見ると…どんぐりがたくさん落ちています。今日はこの金華山どんぐりを使って、金華山盆栽を作ります。

教えてくださるのは、金華山マスターの宮部さんと盆栽マスターのとみつかさん。宮部さんは‘金華山だより’を発行するほどの方。金華山の魅力をたくさん知ってみえます。

どんぐりを小さな鉢に入れます。

水をあげながら一冬越し、春の芽吹きを見たとき「生きてたか↗↗」という喜びを感じられるそうです。金華山の分身が小さな鉢に宿りました。

カシの木を使って🎶

続いて、芽吹いているカシの木を使って自分だけの盆栽をつくります。こんな盆栽になることを憧れて☆

お好みの鉢を選びましょう。丸いのもかわいいし、しかくも惹かれるし、小さいのも・・・。鉢選びから自分好みにできますね。

固定の仕方などを丁寧に教えてくださいました。まっすぐ立てることもよいですが、あえてななめにして曲げて育てていくのも盆栽の味となります。

慎重に水を含ませて、

こけを敷くなどさらに自分好みに仕立てます。盆栽によく使われるこけは水が必要かどうかのバロメーター。こけが乾いていれば水が必要だというサインになります。

盆栽は難しそうというイメージがありますが、とにかく水をあげることを大事にすればよいそうです。花のように派手さがあったり、咲いたりすることはありませんが、手塩にかけてじっくりと育っていくことで愛着が湧いてきます。

今日から、金華山からおすそ分けしてもらった小さな緑がみなさんのお部屋を彩り、癒してくれますね。

 

(007 nana)

おすすめプログラム

Display