100

秋深まる関・池尻で、円空を想う

第2回「円空を歩く」 関市円空館と弥勒寺の円空仏特別拝観

Display
Display
Display
Display
第2回は、円空が終焉の地として選んだ関市で行います。
弥勒寺の4体の円空仏と31体の円空仏を所蔵する関市円空館を、案内人のレクチャーと共に拝観します。
円空が中興した弥勒寺、関市円空館のある弥勒寺史蹟公園周辺を、ゆったり散策しましょう。
美濃の国に生まれ、関市の長良川畔で生涯を閉じたと言われている、江戸時代前期の修験僧・円空。
円空仏の微笑みに癒されながら、円空の思いに心を寄せてみませんか?

注意事項

弥勒寺の円空仏の撮影が、ご住職のご厚意で許されました。カメラを持参してください。
円空墓所は、足場が悪い箇所を通ります。必ず、歩きやすい服装でお越しください。
 また、やぶ蚊が残っている可能性があるので、長袖、虫よけなど、ご準備ください。
下記実施スケジュールからお好きな日程にご予約下さい

案内人

Display
Display
【前田邦臣】
1969年愛知県生まれ。円空学会常任理事。父の影響から円空仏を知り、関わるようになって30年。岐阜県高山市の千光寺で約4年間、毎年夏に手伝いに行っていた経験を活かし、円空仏の魅力をブログで発信中。http://blogs.yahoo.co.jp/cxj01663

集合場所

Display

関市弥勒寺史跡公園駐車場

〒501-3264

岐阜県関市池尻10-1

※最寄りバス停「鮎之瀬橋

申し込み・問い合わせ先

Display 長良陶房 058-232-5587

実施スケジュール

Display

第1回

実施日時
2013/11/10(日) 09:30 〜 12:00
予約開始
2013/09/10 09:00
予約終了
2013/11/07 23:59
料金
500円
定員
8 / 15 人
備考
※最少催行人数 10名
※受付時間 9:00~
※持ち物:筆記用具

おすすめプログラム

Display