岐阜新聞にて写真部連載中

68年ぶりに弘法堂へ仏像を遷そう(新聞用)

岐阜善光寺にあった弘法堂は、昭和20年8月1日という日になぜ壊されたのか。
戦時中、空爆による家屋の延焼を防ぐために、建物の間引きが強制的に行われた。その犠牲になった弘法堂は無念の想いで壊されたのだ。わずか15日後に終戦を迎え、地域の人々はなんともいえぬ悔しい思いをした。
 そして今日、弘法堂が地域の人々の力で再建された。弘法大師さまは68年ぶりにお堂に帰ることができたのだ。
(澤田尚正)

<詳細レポートは、おんぱく写真部ブログをご覧ください>
 ↓
おんぱく写真ブログ