22

伊奈波神社縁起に描かれた知られざる伝説を探訪

家庭円満の旅へ!民話の家族のものがたり

Display
日本では、何百年もの年月をかけて、数多くの民話が語り継がれてきました。私たち人間はその民話に描かれた歴史から多くのことを学ぶことができます。
岐阜市の伊奈波神社にある「伊奈波神社縁起巻物」によると、はるか千数百年前に、この美濃の国を舞台にミコトの軍勢が大戦に巻き込まれ、悲劇に散った主人公の姿が描かれています――家族を愛するミコトと家族に一体どんなドラマがあったのでしょうか。その舞台を歩いてまわり、民話の世界へタイムスリップしてみましょう。

下記実施スケジュールからお好きな日程にご予約下さい 体験レポートを読む

案内人

Display
Display
【三社まいり推進委員会】
三社ものがたりに登場する三つの神社は、岐阜市にある伊奈波神社、金神社、橿森神社のこと。この関係が親子にあたることから、古く昔には3つの神社を歩いてまわる『三社まいり』が行われていたと伝えられている。人々が願い事や感謝をする場所として確立していった神社。ふるさと岐阜の歴史や文化の魅力を再発見します。

集合場所

Display

金神社

〒500-8842

岐阜県岐阜市金町5-3

※最寄りバス停「文化センター金神社前」

申し込み・問い合わせ先

Display 安田屋家具店 鷲見 058-262-0248

実施スケジュール

Display

第1回

実施日時
2013/11/02(土) 09:30 〜 12:00
予約開始
2013/09/10 09:00
予約開始
2013/10/30 23:59
料金
1,000円
定員
9 / 20 人
備考
※最少催行人数 5名
※持ち物:歩きやすい服装、タオル
※ちょっぴりプレゼント!岐阜のつたえ話『三社ものがたり』
※ペットボトルお茶付き

これまでの開催レポート

岐阜新聞にて写真部連載中

岐阜市の伊奈波神社、金神社、橿森神社、昔はこの3つの神社を歩いてまわる「三社まいり」が行われていた。それぞれの主神が実は親子関係である事は、意外に知られていない。しかし家族揃って三社にお参りをすることで、家族の絆が生まれ、幸せになれるという「家庭円満成就」の由縁がここにある。古代のロマンから詳細な歴史を紐解く案内人の鷲見鉄郎さんは「家族、そして地域にも存在する“絆”を深く見つめ直してもらえたら」と語っていた。(交田紳二)

おすすめプログラム

Display